アイドルの唄く頃に 第0話

伝染病株式会社を買ってみました。
名も無き道です。
思ったのとちょっと違うけど、
時間ある時にチマチマやってみてます。


【携わっている方々は、動画説明文参照】

今日は第0話
いきなりひぐらしな始まり方でテンションあがりますね。
「歌をゆるす」
なんとも意味深な表現です。
漫画はBreak以外全く読んだ事ないので、
佐野美心がさっぱり分からなかったのは秘密(キリリッ


始まるやいなや、
流れてくるBGMはひぐらしの音楽そのまま。
ひぐらしの音楽は、CD買う位大好きだったので、
これは嬉しかったです(但し、キャラソンは除く)
ひぐらしっぽさ倍増です。
目のハイライトが消える時の音楽が、
今から楽しみで仕方ないですw

「、」が多い、というコメが流れたりしてますが、
個人的には大好物。
「、」が色々含んでる気がして、妄想を駆り立ててくれますw
というか、あのが堪らなくグッとくる。

と、いう事で。
物語が半分もいかないうちから人が飛び降りる訳ですが…
嫌でもアチラ側に引きずり込まれて、続くOPでトドメ。
気付けばアイ唄くの世界にドップリはまってる。
初っ端からインパクトを与えて印象付ける物語構成は、
流石の一言です。

OPが終わってからは、舞台となる765プロと、
主役(?)になる雪歩の軽い紹介。
第1話の前日譚といったところでしょうか。
でも、冒頭の飛び降りはアフターな気がします。
というか、あの服装は雪歩ではないかと…。

それにしても、雪歩の表情から不幸が滲み出てて、
何も始まっていないのに、嫌な予感しかしないw

あと、小鳥さんの設定にはもう、
「あぁ…あぁ、これ…あぁ」ってなって軽く興奮(
果たしてこの設定はどう活きてくるのか。


ただの第1話前日譚に収まりきらない、
色々と濃縮された第0話でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する