新譜を少々。

字コンテもう少しで終わりそう。
名も無き道です。
後は間奏の部分だけ・・・だけ・・・

今日は、先月から今月にかけて、
良い音楽に出逢えたので、軽くご紹介。

まずはこちらのシングル。

Here I AmHere I Am
(2013/05/29)
Dragon Ash

商品詳細を見る


Dragon Ashの新譜です。
前々作のRock Bandから、
ホントに僕の趣味ど真ん中な曲ばかりで嬉しい限り。

馬場さんの訃報には驚きましたが、
それをこのバンドのやり方でしっかりと受け止め
乗り越えていこうとしてるんじゃないでしょうか。
それを示すのに十分すぎる一曲だったと思います。

「鮮烈な意思で存在証明」を魅せつけた作品でした。

ちなみに。
c/wのTriggerも凄く格好良いのでオススメです。
(ただバイオハザードとのコラボは如何なものかと…)



続いて知らない方が殆どであろうこのバンドの新譜。

#Sixx (通常盤)#Sixx (通常盤)
(2013/05/22)
D'ERLANGER

商品詳細を見る


D'ERLANGERというバンドの新譜です。
詳しくは割愛しますが、
数年前に再結成された、V系バンドです。

いや、痺れた。
密林のレビューとか見てると、
結構ミドルテンポの曲が多いみたいな事が書いてあって、
僕はミドルテンポの曲が苦手なので、ちと不安でしたが、
そんな不安をぶっ飛ばす位格好良いアルバムでした。

いい歳こいたおっさんが、
年甲斐も無く「大人なはしゃぎ方」をしてました。
確かにミドルテンポの曲もありますが、
しっかりと聴きこむと面白い演奏してるな、と。

昔はあまり好きじゃなかったkyoの声も、
最近ではすっかり大人なしゃがれ方をしてきてていい感じ。
個人的には哲のドラミングが凄く聴きごたえありました。

再結成後の作品の中で最高傑作ではなかろうかと。


最後に今月のド本命だったこちら。

MIYAVI (初回限定盤)(DVD付)MIYAVI (初回限定盤)(DVD付)
(2013/06/19)
MIYAVI

商品詳細を見る


雅が名前をMIYAVIに統一し、
その自らの名前を冠した事実上の「Re:Start」アルバム。

「ん?」
というのが正直な第一印象でした。
自らの名前を冠するなら、も
もっと勢いあっても良かったんじゃないかと。
MIYAVIと言えば、やはりスラッピングが世界的に有名ですし、
もっとそこを攻めて欲しかったかな、と。

が。
ところ、が。
聴けば聴く程このアルバムの良さが染み渡る。
所謂「スルメアルバム」というやつでしょうか。

デジタルスラッピングドラムの配合具合というか。
このアルバムがどれだけ丁寧に作られてるか、
というのがヒシヒシと伝わってきます。
ニヤリとさせられるところが端々に散りばめられてます。

中でも「Guard You」という曲が最高でした。
正直なところ、
What's My Nameのスラッピングで好きになったので、
バラード系は聴いててあまり好きになれなかったのですが、
この曲は聴いてると胸が締め付けられますね。
それ位感情移入して聴ける曲。
英詩の中に流れてくる日本語の破壊力がハンパない。

これからもまだまだ聴きこむのぜ!


という事で、最近聴いて気に入った音楽の紹介でした。
という名目の広告回避(マテ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する