2012年下半期ニコマス20選

-----------------------------------------------------
基本レギュレーション
・対象は2012年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります
-----------------------------------------------------

一言を添えたかったのですが、
ちょっと間に合いそうにないので、後日という事で。

会社から更新です(白目

投稿が古い順に並んでいるので、
格納からどうぞ。

【運営の方へ】
最後にマイリス貼ってますので、
そこから集計して頂いて構いません。
1.

【ジェットP】

ゴリゴリにエフェクトをかけていながらも、
しっかり音を拾ってシンクロをしているのが堪りません。
こういう動画には、物凄く憧れを抱いてしまいます。

2.

【乾燥もやしP】

かくいう私も(ry
この動画単品で見ても素晴らしいアニマスMADなのですが、
是非とも比較動画【sm18602677】を見て頂きたい。
執念と狂気によって完成した動画です。

3.

【みそP】

終始エフェクトをかけているのですが、
それが全く春香さんのダンスの邪魔をしていないのが凄い。
間奏のシンクロが凄く気持ちが良かったです。
「春香さんマジエラ呼吸」コメは声出して笑いましたw

4.

【妖狐P】

ガッチガチに格好いい動画なのに、
何故か見れば見る程笑いが込み上げてくる不思議w
BGMとのシンクロが最高に格好良かったです。
上手な魅せ方のお手本みたいな動画でした。

5.

【卓球P】

「なんだか卓球Pらしくない動画だな」
というのが、初見の正直な感想でした。
無論それはポジティブな意味で。
要所要所でカットインがきたり、最後のバーストだったり。
卓球Pの新たな一面を垣間見た気がしました。

6.

【ラッキP】

もっともっと色々な人に見てもらいたい動画。
凄く丁寧に編集しているのが画面から伝わってきます。
間奏の魅せ方には恐れ入りました。
Jazzなのに水着!だがそれがいいっ!!

7.

【ブラッキーP】

始まってから終わるまで、踊る、踊る、踊る。
刹那の休憩を挟む間も無く、
5人のアイドル達が舞台狭しと駆け回ります。
やっぱりニコマスはこうでなくっちゃ。

8.

【ribonP】

今期この方には心底苦しめられましたが、これを選出。
連続衣装チェンジのとこの演出もさることながら、
そこからのブレイクで響く足音に全部持ってかれました。
圧巻の演出でした。

9.

【ふくらみP 】

半期に一つはこういうガチジュピターの動画に出逢えるのが嬉しい。
音楽も演出も、必要以上に荒々しくて格好良かったです。
どうせならここまで泥臭くやってくれた方が個人的には好み。

10.

【あとりえP】

ところどころに繋ぎの粗さを感じるものの、
それが逆にこの動画の勢いを象徴しているようにも思える。
本来二人では広く感じる舞台も、
この方の手にかかれば、狭くすら感じてしまいます。

11.

【FRISKP】

「おぉ!?FRISKPが長回しダンスシンクロとな!?」
とか思ってた時期が私にもありますた。。。
後半の演出には、目を奪われ圧倒されました。

12.

【DAT3P】

文章全体から春香さんが滲み出てました。
それはほんの些細な仕草だったり、何気ない一言だったり。
読んでて思わずニヤニヤしてしまいました。

13.

【四月P】

きっと多くのニコマスPの胸に刺さったであろうこの動画。
とにかく動画の内容と楽曲がリンクして破壊力が尋常じゃないです。
「君の、担当プロデューサーだ」で涙腺崩壊。

14.

【ホッペ君P】

文字通りアイマスall starによるステージ。
765組だけでも凄く格好良い演出をされているのですが、
まぁ、ジュピターと876組登場シーンの熱さったらない。
最高、この一言に尽きます。

15.

【投稿者名:みるくまん】

こんなガバガバな処女がいるか!いい加減にしろ!!
という事で、プロの犯行としか思えないクォリティ。
拾った音を演出に昇華させていく様が凄かったです。

16.

【終わり詩P】

元々楽曲がとてつもなく好きだったのもあって、
間違いなく今期最も視聴した動画です。
フェスの熱さも、色調補正の妙も、全て春香がもってったと思います。

17.

【ぎょP】

今期に於けるニコマス界に起きた事件の一つだったと思います。
【一人でメドレー楽曲に動画をつける】RidgerP以来の衝撃でしたね。
過去のパヒュマスへのリスペクトやオマージュなんかもあったりして、
なんとも贅沢な作品でした。

18.

【シラカワP】

少しばっかり間が空いて、復帰一発目にこの動画ですよ。
アニマスの名場面をシラカワPらしい角度から魅せてくれてます。
最後のキャラクター名のテロップから涙が止まらなかったです。
「それじゃぁ、まだまだいくよー!」

19.

【赤ペンP】

微塵の異論も無い。
間違いなく赤ペンPがプロデュースする最強の竜宮小町が此処にいる。
ただ一途にあずささんを、竜宮小町を見てきた氏だからこそ、
ここまでの舞台を演出できたんじゃないでしょうか。

20.

【怒首領蜂P】

年末にかけて、次々とうpされていった蜂Pの新作達の中で、
僕はこちらを選出。
自作オブジェクトや抜きやエフェクトを使った動画もいいのですが、
やはりこの方の真骨頂はシンクロにあるように思います。
流石のダンスチョイスでした。

【サムネ1選】

【迷路P】

あのCDジャケを、よくぞゲーム画面でやってくれました。


【運営の方へ】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する