この胸の高鳴りをどう表現すればいいのか。

私がニコ動を見始めた頃。
だいたい5年くらい前でしょうか。
まだアイドルマスターというコンテンツを意識してなく、
あの頃はアニメMADとかネタの実写とか、
面白ければ何でもみてました。
ランキングも毎朝チェックしてました。
そんな中で一番比重が重かったコンテンツは、
間違いなくVOCALOIDでした。

-----------------------------------------
余談ですが、
私が初めてアイドルマスターというコンテンツを
意識したのは、「アイマスvsミク」のトロイのMADですw

-----------------------------------------

連れと二人でボカロの良い曲探しに没頭していて、
良曲を見つけてはお互いにメールしていたものです。

当然今のようにミクが市民権を得ているはずはなく、
その連れ以外に話をする相手もおらず、
「何?この電子音。気持ち悪い。」
これが概ねのボカロを聞いた人の反応でした。
それでも、やっぱり良い歌は良い歌だと思ったし、
初めてwinter aliceを聴いた時の感動は、今でも忘れられません。

「誰も聞かないミクの曲を車の中で流してる俺かっけぇw」
みたいな気分に浸っていたのも確か。


それからアイドルマスターというコンテンツを知り、
そしてプロデューサーとして活動し始め、
その比重は次第にアイドルマスターにシフトしていきました。
無論、今でも聴いていますが、前程の熱心では無くなりました。


【ika】

ikaさん、ご本人の投稿によるものです。
そんな数年前の感情が込み上げてきて、
何とも言えず目頭が熱くなりました。

沢山の人がそれぞれ違ったイメージを抱きながら
同じもの好きでいるって、
当たり前のことですがなんか素敵ですね。


本当にその通りだと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する