「iM@S KAKU-tail Party 6」 3rd night C

初めてガチの金縛りにあいました。
名も無き道です。
もう、アレかもわからんね・・・




cacktail2011_shimeji.jpg

俺の菌類最強キタ――(゚∀゚)――!!

という事で、シメジPのサムネから開始された、
こちらの感想は格納にて。
cacktail2011_shio.jpg

お題を見た瞬間に、思い浮かんだアーティストの、
思い浮かんだ楽曲だったって方も多かったんじゃないでしょうか。
私もその一人w

最高にロックファンキーな(かわいい)やよい動画。
多くの方が予想していた通りの絵面を、
とんでもない剛速球で攻めてきてくれています。
基本的に、ボーカル部分をやよいが歌って、
コーラス部分を、その他のアイドルたちが歌うという構図です。
このコーラス部分が中々どうして曲者でして。
だいたい二人一組で登場してくるのですが、
「はるちは」だったり、「亜美真美」だったり、
「貴音と響」だったり、「ゆきまこ」だったりと、
思わず「ニヤリ」としてしまうような二人組みでした。

それから何と言ってもシンクロが最高に気持ちいい。
流石しおPクォリティというか何というか。
リップシンクロも凄く丁寧にとってあるのですが、
身体の動きでシンクロしている部分もあったりと、
いいもの見せてもらいました。

あと、このサングラスのチョイスは、
GJを言わざるを得ない。


cacktail2011_meiro.jpg

こちらは私も大好きな「異国迷路のクロワーゼ」というアニメの
主題歌を使用しての動画。
湯音ちゃんのウィスパーヴォイスで雪歩という、
これ以上ない位のハマりにハマった組み合わせ。
「ゆりしー」というコメがあったのにも頷けますw

ストーリーとしては、恐らく雪歩√のafterでしょうか。
(↑雪歩担当Pを名乗っておきながら雪歩√クリアしてない orz)
Pがハリウッドに行ってから律っちゃんが交代して、
雪歩をプロデュースしていたって感じですね。

未だにスローテンポのDLCがこないアイマス2ですが、
その中にあってこの曲調でしっかりシンクロしててくれるのは、
ちょっと見ててウギりましたね。
手の動きが凄くこの動画を象徴していたように思います。

可憐な動画、そう呼びたくなるような作品でした。


cacktail2011_tm.jpg

さて・・・
とか思ってたら何かとんでもないガチでした。
3人それぞれ衣装と服装がバラバラ。
やよいは猫耳ついてるわ、美希はラフスクールだわ。
いや、さらっと何気なく凄い事やられてます。

ダンスの方もLMGを中心に、シンクロばっちり。
やっぱり曲がテクノ系だとLMGは強いですね。
力強いパートもあり魅せるパートもある。
メリハリがつくんですよね、LMGのダンスって。

そして一気に盛り上がりを魅せる衣装ちぇんj・・・

とか思ってたらやっぱりキタ━(゚∀゚)━!!!!!
前半のガチっぷりに油断しきってたから、笑った笑ったw
うん、まぁスク水三銃士がガチで終わるわけないよねっていうwww
相変わらず伊織だけは衣装違うし、ちゃんとシンクロしてるし。
衣装以外はガチガチなのにw

カクテルの醍醐味をしっかり味あわせて頂きましたw


cacktail2011_keruma.jpg

えっと・・・よく知らないのですが、
これ3日で作ったんですかね?
「精神と時の部屋」タグはこれだったんですねw
ま、まぁ、この際製作期間は置いといて。

3Dモデリング突入によるお題クリアで幕を開けたこの動画。
内容は自作ステージやオブジェクトがんがんってのじゃなくて、
正統派シンクロダンス動画です。
コメでも流れてきますが、
亜美真美の二人が揃って楽しそうに踊ってる様子は、
見てて嬉しくなってきますね。
亜美vs真美みたいのも嫌いって訳ではないのですが、
やっぱりアイドルは笑顔が一番だよなぁ、と。

曲が終わってからの最後の間奏のダンス、
あそこの二人のかわゆさにずきゅぅぅぅんってなったのは、
きっと私だけではないはずw
最後は一枚絵ながらしっかりと切り抜いてきたのは流石。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する