「iM@S KAKU-tail Party 6」 3rd night B

アニマス13話、美希のとこヤバかったですね。
名も無き道です。

ちょっとづつちょっとづつ書きためてます。



なんというか、やっぱ冬にかけては忙しいのです。
だからこそ視聴して元気を頂く。
って事で格納にて。
cacktail2011_fake.jpg

ちょ、えっ、ちょ、おいっ!
バーロー!!!!!!!
カクテル史上最強のゴリ押しお題クリアw

【速報】お題は「祭り」に変わりました。

とうにもならないネタ臭を漂わせならが始まったフェイクPですが、
内容はガッチガチでしたね。
座頭市のアノ曲にのっての動画です。
所謂静止画MADに部類するとは思うのですが、
これがまた動く動く。
ノートの端っこかよって位にパラパラと。
個人的にはタイトルが登場するとこは最高でした。
あの響の表情ったらない!

最初はお題でもある響だけだったのですが、
途中からオールスターに変わります。
どの娘もホントに楽しそうに騒いでて
まさしく「お祭」でしたね。

当時のTwitterで散々postされていたのですが、
「略さん死亡」把握w


cacktail2011_psyfon.jpg

俺の時雨きたでこれっ!!
しかも一等好きな曲じゃないですかっ!!!!
これは少し前にジェットPも作ってた曲で、
「静」から「動」になった時の興奮がハンパないです。

こちらはタイトルの「illusion」と、
動画内の1の時のあずささんが「幻」って事で、
二重でのお題クリアとなってます。

それにしても衣装とアクセだけでここまで神々しくなろうとは。
どっからどう見ても神話の世界の女神です、はい。
溜息がでる位に「綺麗」。
正面、つまりこちら側をじっと見つめて歌ってる時は、
見ながらドキドキしてしまいますね。
あの真っ直ぐな瞳でじっとこちらを見られる訳ですから。
あずささん担当でなくとも、これはドキッとするはず。

「illusion is mine」・・・か。


cacktail2011_scrap.jpg

やよいおり。
といえば、ゆきまこと並んでニコマス界では人気のデュオ。
その「やよいおり」からの脱却をめざし、
独りで進もうというやよいの覚悟を描いた作品。
途中から流れる音楽がかなり熱かったですね。
まさかやよいの動画で、こんなゴリゴリのメタルを聴こうとはw

でもこの動画の際立ってる部分は音楽ではなくて、
やはりノベル形式だという点にあると思います。
与えられた時間が1:30前後なので、
どうしても動画はPV系に集中してしまいます。
そんな中で敢えてノベル形式で挑んでくれたっていうのは、
視聴者としてもいいスパイスになったんじゃないでしょうか。
「説明しすぎ」
というコメもありますが、
時間が短いだけに、映像から読み取ってもらうというのは、
正直難しいかと。。。

私個人的には、可愛く描かれたやよいが多い中、
少し背丈を高く描いてくれてるっていうのが嬉しかったですね。
やよいは(かわいい)のゼ。


cacktail2011_minmin.jpg

おいおい、初っ端から亜美真美になんてモノを見せてるんだよw
や ら な い か ?

とか思ってたら、何かもう訳がわらからない・・・
あれ?ん?今の・・・ん、んんんん???
って感じになりましたね、いや凄い。
これが俗に言う「違和感仕事しろ」かw
まさか亜美真美動画で律っちゃんに驚かされようとは。。。

で、そこから展開されるのは
「トカチゴールドへようこそ」タグがついている通り、
アニマスの亜美真美の台詞を使用した音系MADです。
全編を通してアニマスっていうのは、
今回のカクテルでは初だったので、嬉しかったですね。

こういう動画見てていつも思うのは、
台詞にも微妙に速度調整してあるのが凄いなぁ、と。
方法とかは皆目見当も付きませんが、
たぶん物凄く面倒くさいんじゃないだろうかと思います。

同じフレーズの繰り返しは、
軽くトリップできて、まさしく「天国」ですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する