「iM@S KAKU-tail Party 6」 1st night D

ドクペって何処に行けば買えるの?
名も無き道です。

帰宅してPCの電源ボタンを押したら朝9時でした。
何を言って(ry

という訳で格納で続きです、はい。


おっホイとは何だったのか?
すげぇよ、この枠すげぇよ・・・

cacktail2011_oyaji.jpg

安心のオヤジオナさんクォリティ。
リッツァン三世などで、
フレーム単位のグラ改変を魅せてくれる方です。
まぁ、間違いなくおっホイがくるとは思ってましたが。

想像以上だった

もう、これ余裕で昭和一桁なんじゃないでしょうか。
戦前?戦後?だいたいそこら辺でしょう。
教科書でしかお目にかからないような画像がバンバンw
完全に一時停止推奨動画でしたw
三波春夫とか隠す気サラサラないですしおすし。

ここまでくると改変の技術云々よりも、
よくぞここまで画像を探したなぁ、と。
そこに感心してしまいましたw

個人的にはバッファリン最高!


cacktail2011_muku.jpg

千早「プロデューサーが選んだ曲なら、間違いは無い筈。」
胸が、胸が痛みますね。

流石に聞いたこと無い曲でしたw
コメから察するにトラック野郎の歌か何かでしょうか・・・
どちらにしてもご存知無いのは間違いありませんね。

それにつけてもシンクロの上手さよ。
曲はアレなのにシンクロがしっかりしてるから、
もう、なんなんでしょうか、この胸の奥の・・・なに?
情緒溢れる曲調に、
スローにしたダンスが凄くハマってました。
千早の内面に何か含んでいるような、
そんな雰囲気を纏って歌い踊っているようでした。
画質も良く、ネタっぽいのにネタじゃないというw

あとユニット名自重汁


cacktail2011_aramax.jpg

国鉄キタ――(゚∀゚)――!!

もうこの枠どうかしてるだろwww
どう考えても意図的ですが、ここまで揃うと圧巻の一言。
寧ろここまで揃える弾が用意された事が凄いw

とはいえこの動画もネタでは終わりませんでした。
かなり驚きました。
にこの・この服装が、まさかここまでハマるとは。
ひとえにシンクロダンス選びの賜物だよなぁ、と。
特にダンスの選びがことごとくピッタリのを選ばれてて、
目立って速度落とす事も無く、
踊りでこの曲の持つ切なさみたいなものを表現されてました。

あと気になったのは色調でしょうか。
全体的に少しぼかしている様な雰囲気と、
強めのコントラストが非常に印象に残りました。
衣装のピンクが映えてて綺麗でした。


cacktail2011_chuio.jpg

はい、当然最後も昭和でまとめますw
百恵ちゃんの後はキョンキョンですよ。
これでもかっ!という位の昭和アイドルの連投です。

いや、これ普通に凄くね?
というのが第一印象。
やってる事はOPのえにこPと一緒ですからね。
相当な時間と労力を費やしているはずです。
ねんぷちより関節がある分、労力は多いのかも。
(ここら辺、まったく無知なのでそう思うだけです、スマソ)
しかも踊りは完全にオリジナルときてる。
いや、うん。
その踊りも、
決して今は踊られる事ないような振りですがががががっ!w

でも、途中で挿入されてくるカットイン
白背景のいおりんだとか、
三人一緒にジャンプしてるとこだとか。
あぁいった魅せる演出はしっかりと踏襲していて、
プロデューサーとして流石だなぁ、と感心したり。

ニコマスの懐の深さをまたしても垣間見れました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する