今日は「テラフガシP」のターン。(5ターン目)

結局連休の夜は寝てばっかだったなぁ・・・(遠い目
名も無き道です。

今日はたまりにたまっていたテラフガシPの作品を、
ドドンとまとめてご紹介。
哀怒流武術会編開幕で、
テンション上がる一方ですね。

では格納で一言を添えて。


遂に開幕って事で、出場チームの紹介が主な内容です。
それにしてもどのチームも素敵な一枚絵。
中でもお気に入りはこのチーム。
perfect-sun.jpg
なんだろう。
春香の無表情っぷりだとか、
やよいのあのビシィッとした両手だったりとか、
真のあの落ち着きようだとか、
このチームが決勝までいかなかったら嘘だろう、
とか勝手にテンションあがりまくりでしたw

麗華と律子の心理戦も真っ黒で良かったですねw

そして宣言された千早の連戦。
さて、どうなるか。



とりあえずトーナメント表に
しれっとジュピターの名前あってフイタw

宣言どおり千早が先鋒に。
対する魔王エンジェルはともみ。
千早の伸びしろにかけた律子の思惑は・・・

とにかくともみの能力には唸りました。
よく考えるなぁ~、と。
冨樫がホントに使いそうな能力w

あとこの一枚にも唸りました。
to.jpg
溜まらん。



先の試合で反撃確定の宇宙の恐ろしさを思い知り、
接近戦に持ち込むのですが、
ともみはバリバリのインファイターである事が判明。
文字通りフルボッコにされる千早。
それでもインファイトを続ける千早に正気は・・・

毎回毎回ヤマがあって、ホントに視聴してて楽しいですね。
2分前後という長さも一切だれずに、いい感じの長さです。

demone.jpg
今回はこの一枚。
この白のスペースの使い方とか、凄く上手い!
拳に躍動感がありますね。



遂に決着したともみvs千早。
敗因は乳!
勝因は板!・・・じゃなくて腹筋!!


ita.jpg
とりあえずつっこんどくw

展開は王道中の王道
幾度と無く使い古された、
週間少年モノの大好物のドンデン返し。

故に熱い。

乱暴な言い方をすると、
「どーせ千早が勝つんでしょ?」
みたいな気持ちが無かったといえば嘘になる。

でも、そんな大人のヒネクレた感情を、
問答無用に抑えこむだけの熱量がこの動画にはある。
面白い。
この感情に勝るもの無し!



りんと連戦の千早。
軽い身のこなしから繰り出される連続攻撃に、
防戦一方の千早ですが、
どうも攻撃は軽いらしく、
身体的ダメージはさほどでもない様子。

まぁ、でもこのまま終わる訳はなく・・・
hako.jpg
ハコワレきたでこれ!

もう、堪らないですね。
この「間」というか、何というか。
ページめくったらこのコマだったみたいな。
視聴者側にも「!?」マークを出させる展開。
テラフガシ先生、流石です。



明かされた松風の能力。
何はともあれたえちゃんはやめろw

ここでダジャレを持ち込んだのは、
話に緩急がついて凄く良かったなぁ、と。
今までシリアス一辺倒だっただけに、
たまにこういうの挟むのは、メリハリついて良いですね。

そしてこれ。
matukaze.jpg
ジャンプですよねー。
もう、どうしようもなくジャンプしてます。

今回結構ユルい絵とかが多かったので、
この後の回し蹴りの描写が、凄く迫力が増しますねw



3分うまうまでしたw
過去最長・・・かな・・・?

松風のもう一つの能力が解放され、
聴覚・視覚の両方を失った千早。

いや、上手い。

何度言ったかわからないですが、
もうホントに上手い。
構成というか、展開というか。
このドンデン返しの展開、冨樫やりそうだわぁ、
っていう展開を存分に見せてくれてます。

その幅72cm
あまりに薄い


っていうところのコマとか。
いかにもって感じの言い回し方ですw

miete.jpg
千早△



さて、遂に大将戦に突入した訳ですが。
予想はしていましたが、強い!
そして容赦ない。

雷禅上等に顔に刻まれた文様。
とりあえず現時点の千早に抗うすべ無し。
ただただひたすらにサンドバック状態。
このまま千早は戦闘不能になって、
律子かあずさが出てくるのか。
それとも起死回生のナニかがあって、
千早続行か。

最終戦に向けて緊張感溢れる、
素晴らしい回となったんじゃないでしょうか。

dogo.jpg
この効果音と無表情さと。
いかにもって感じで堪らんですね。



引き続き麗華のターンが続きます。
どうみてもその差は圧倒的。
放つ念鳥はいとも簡単にかき消され、
一方的な嬲りが続く。

アンチアイドルを掲げる麗華。
ギブアップを促す律子。

しかし千早は闘う事を選ぶ。

仲間の為に。
アイドルという職業に、
誇りを持っている仲間の為に。
彼女たちの一ファンとして。

正直この回で決着すると思っていたので、
更に続いたのは以外でしたw
このまま麗華が圧倒的力の差で押し切るのか。
はたまた少年誌よろしくの新必殺技で、
千早が逆転するのか。
いずれにせよ次が楽しみで仕方ないですね!!

【あとがき的な何か】
熱中しまくって友達とアーデモナイコーデモナイ言いながら、
今後の展開を勝手に予想したりして。
RPGのキャラには好きな漫画のキャラの名前付けて。
熱くなった場面は何度も何度も見返して。
そういう在りし日の熱さみたいなモノがこの方の動画にはある。
三十路過ぎた、いい歳したおっさんが、
少年時代を思い出すには十分過ぎる熱さがある。

この方の新作を待つワクワクと、
次の週のジャンプの発売を待つワクワクと。
一体何の違いがあろうか。

次、早く次 (屮゚Д゚)屮 カモーン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する