「iM@S KAKU-tail Party DS」 3rd night-C

無理矢理にでも一組は感想かきますよぉ~!
名も無き道です。

って事で何とか帰ってこれたんで一組だけでも。
楽しみにしていた「七夕P」の作品もありますし。



東洋人P&ゆうゆうP(やよい:sweet)

やよいおりは正義っ!
異論は認めないっ!!


ってかこれ、選曲が詐欺じゃね?
やよいおりでハスメドとか直球すぐるwww
文章読んであんなに萌えたのは初めてだったゼ・・・
と、ハスメドはいいとして、だw

やよいおりの可愛さも去ることながら、
個人的にはこの色使いが非常に良かったな、と。
お題が「sweet」という事で、
二人の服装を含めて、全体的に暖色系を多く使われていて、
甘~~い感じが見てる側にしっかりと伝わってきました。

あと、携帯電話や写真等、小技がピリッと効いてましたね。

【Pict up】
hasumedo.jpg
良い「恋の知らせ」であったw


ねこP(千早:強)

ロシア語の曲で、最初何の歌か分かりませんでしたが、
これ「Break」の2巻の特典CDで唄ってましたね。
ってか私持ってますね orz

曲はサイバーチックだし、歌詞も日本語じゃないし、
パッと聴きエフェクトばりばりでくるかと思いきや、
正統派ダンスPVでした。

要所でのちょっとしたエフェクトとアップの切り替えで、
かなり締まった動画に仕上がっています。
そのエフェクトというのが、
画面が切り替わる瞬間に「シュッ」と残像が残る感じ。
これが動画にスピード感をもたせていました。
たま~に使われているスピード調整も非常に良かったです。

【Pict up】
neko.jpg
この遠近感がたまりませんでした。


じろうP(亜美真美:愛)

各女の子、少し太めの手描きMADです。
今回、ちょこちょこ手描きMADが猛威を振るいますね。

亜美真美が他の女の子に、
チュー「愛」を伝えるという内容。
した後の二人の笑みが「フヒヒヒヒ」って感じがして面白かったです。
やよいおりが犠牲になる前にも、既に他のアイドル達も餌食になっていたようで、
特にの受けたダメージは計り知れないものがありますw

あと、注目すべきは使用している音源かと思います。
全てが公式の音源。
今までにない感じがして、凄く新鮮でした。

【Pict up】
jiro.jpg

あ ず さ さ んwww


七夕P(春香:西)

さてさて、個人的にお待ちかねの「七夕P」です。
出だしから「七夕カラー」直撃でしたね。
元々色調抑え目な色使いが多かった「七夕P」ですが、
そこへ「西」というお題は【然るべき】って感じです。

また、歌詞に合わせてのカットインが非常に印象的でした。
月。
鳥。
日没。
長い間表示しているのではなく、
パッと現れてパッと消えていく。
そこが余計に視聴者側の記憶に刷り込ませました。

【Pict up】
tanabata01.jpg
ここ。
ここで「あれ?色が・・・」と思った方、
多かったんじゃないでしょうか?
そして最期。

やはりこちらの動画のリスペクトだったようで。

【ななななな~P】

最期の公式を口ずさむ場面は、今見ても感涙。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する