各教科ごとにPさんを例えてみM@STER

最近ニコマス「じゅっ☆」充してないなぁ・・・
名も無き道です。

えっと、イミフなタイトルですが、思いついたものはちかたがないw
きっかけは昨日の記事。
「赤ペンP」の文章には「起承転結」があるって話をしたのですが、
だとしたら、「赤ペンP」は教科に例えると(イミフ)当然【国語】だろうな、と。
動画の中に、しっかりとしたストーリーがあって、女の子の心情が盛り込まれてて。
これって、「この時のA君の気持ちを答えなさい」みたいな、
国語のテストみたいだなってw

で、だったら他の教科はどうなの?って思ったのが発端です。

【数学】
これは「怒首領蜂P」或いは「RidgerP」かな、と。
お二方とも技術力は言わずもがななんですが、
あの動画の演出は、絶対に緻密な計算の上に成り立っていると思います。
時間やフレーム、速度。
それらをしっかりと計算した上で、導き出される「答え」。

言い換えると、なんか「頭がいい」っていうイメージがあるんですよね、
お二方とも。

【理科】
これは「ジェットP」で決まりではなかろうかと。
というのも、「理科=実験」という勝手なイメージからなんですがw
今まで誰もやってなくて、結果がどうなるか分からない。
だったら自分がやってみるわ、っていう先駆者的なイメージ。
何事もやってみなくちゃ結果は分からないという考え。
この方のエフェクトの使い方は、正しくそれに当たるのではなかろうかと。

【社会】
これは「ハリアーP」「ランプキンP」など、
架空戦記シリーズを作成していらっしゃる方かな、と。
「歴史」という単語を聞くと、どうしても「架空戦記」シリーズを
思い出してしまうのでw
実際に、日本の歴史に沿った作品もあったりしますしね。

【英語】
これはもうニコマスきっての国際派「レスター伯P」一択。
イギリス在住のままひっそりとデビューとかカッコ良過ぎじゃね?
間違いなく英語話せるだろうし、
何より「im@s洋楽コラボPV」が非常に多い方ってのが大きいですね。

【美術】
これは「しょじょんP」或いは「しちやんP」がピッタリかな、と。
理由は動画を視聴すれば心で理解できるかと。
あの色彩センスにあの演出。
「魅せる」という言葉がピッタリの動画を作ってらっしゃいますし、
これはもう「美術」なんだろうと思います。

【技術】
「わかむらP」で。
毎回毎回、新しい「謎の技術」で私達を楽しませてくれるこの方は、
「技術」というに相応しい。
常に新しい何かに挑戦し、
そして素人目にもわかり易いサプライズを散りばめる。
「色んなソフト」=「色んな道具」ってイメージで。

【書道】
もう、どうしようもない位「英峰先生」一択ですよね。
「アイマス書道部」の設立者でもありますねw
解説のしようがないです、はいw

【音楽】
これは「卓球P」かな、と思います。
この方ほど「音楽」に対してこだわりのある方も珍しいですね。
「音楽」を大切にしている、と言った方がいいのかもしれませんね。
邦楽・洋楽、両方に成通しており、その懐の広さは異常。
あと楽器できそうなイメージがあるのでw

【保健・体育】
「足汁P」!!!(主に保健的な意味で)
察して下さいwww
とりあえず、どの教科書をみても、
「足からあのような汁が噴出されるとは書かれていないw

【家庭科】
真っ先に思い出したのが「モアモアP」
お母さんだからっ!
そういう単純な思考回路しか持ち合わせてない程度のド低脳。
やっぱり母は偉大です。


・・・・・・なんだか最初から最後までイミフですねw

コメント

Re: No title

とりあえず足から汁が飛び出るようになれば、保健の先生にはなれると思うなw
ちなみに、「体育」で限定すると、「そるP」です(`・ω・´)キリッ

2010/03/06 (Sat) 02:28 | 名も無き道 #- | URL | 編集
No title

保健体育の先生になりたかった><

2010/03/05 (Fri) 04:27 | #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する